ヤフオク出品中

ヤフオク出品中

会社案内

株式会社福助屋商店

「サルコヤ」の由来

沿革

 井上家先々代が盛岡藩を離れ、石巻に訪れたのは江戸時代の頃で、二代目仙太郎は石巻本店現在地に茶屋(仙太郎茶屋)を開き定着した。人々の中に定着するまで、かなり苦労したと伝えられる。

 三代目千代吉は、地元の小学校卒業後、すぐ横浜の貿易商に勤務、のち仙台藤崎呉服店(現:デパート)に奉公、年期あき後、仙太郎茶屋の跡地に露天ともつかぬ呉服店を開いた。一時は大当たりだったが、当時の不況(日清事変・日露戦争)の波に飲まれ、あっという間に呉服店閉鎖の止む無きに至った。

 その後、小間物・化粧品・日用雑貨そして少々の玩具を取り扱うかたわら、荷車部を設け一応商店として開店する事となった。

 当時、デパートやレジャー施設なども皆無に近い状況とあって、玩具は以外にも売れ行きが伸び、祭りの日には在庫が底をついても、なお、お客が絶えなかったという。

 ところが、一年もたたないうちにライバル店が現れた。玩具の好調な売れ行きに着眼した地主が、真向かいの国道沿いに巨大な玩具店を開店した。

 千代吉は苦慮すること数ヶ月・・・人々に店のアピールをするしか道はなく、毎日路上に立って、歌を熱唱、集客のために日々声を枯らしたが、さしたる効果は無かった。

 千代吉は考えた。

 「子ども達はいったいどんな動物が好きなのだろうか?」

 クマ?ライオン?ペンギン?・・・・・サル!!

 「そうだ、サルは人間らしくて、子供が一番喜ぶ動物だ。きっと人気が出るだろう!!」とひらめいた。

 一決即断。サルを店頭で飼ってみると、たちまち店の前は人々であふれ、いつの間にか「サルコヤ」という言葉が人々の間に広がった・・・。

 時もあたかも大正11年。これにより、同年8月1日を創業日と定めた。

会社概要

昭和24年 株式会社として法人化

音楽教室を主体に各種楽器販売、玩具販売を行っております。

代表取締役 井上 晃雄(いのうえてるお)

取扱商品・サービス業務

・玩具部

・楽器部

・音楽教室部

・ピアノ調律部

・楽器搬送部

・楽器修理・メンテナンス部

・その他(市内イベントへの参加)
 ・石巻川開き祭り
 ・いしのまき大漁まつり
 ・石ノ森萬画館等の各種イベント